【ジパングカジノ研究所 Vol.95】ココモ法をマルチプライヤーが付与されるライブゲーム「スピン・ア・ウィン」で検証

【ジパングカジノ】がお送りするジパングTV
「ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.95」

■ドクターKのジパングカジノ研究所とは■
ドクターK(ジパングカジノ研究所研究員)によるペイアウト率徹底検証番組。
ジパングカジノのペイアウト率は96.54%(2019年9月公式HP公表)、他と比べ魅力的な数値です。
宝くじのペイアウト率は46.8%(平成28年度)、競馬は70%、パチンコで80%ほどだと言われています。
96.54%の真偽を確かめるため、ドクターKがジパングカジノのゲームを実際にプレイ。
理論上のペイアウト率と実際にプレイした際のペイアウト率を比較し、確率論の観点から様々な事象について研究していきます。

【ドクターKのジパングカジノ研究所 Vol.95の検証】
今回検証するココモ法は1度でも勝てばそれまでの負けを取り戻すことができるシステムベットです。
倍率3倍のゲームで有効なシステムベットのため、過去の検証ではルーレットをプレイしていましたが、
今回はライブゲームの1つ「スピン・ア・ウィン」をプレイします。

【スピン・ア・ウィンとは】
スピン・ア・ウィンは大きなホイールを回転させ、どの数字に止まるかを予想してベットするゲームです。
全部で54箇所あり、その中の2つはマルチプライヤー(2倍・7倍)があり、ここに止まると該当する倍率が付与されて再スピンが起こります。

ココモ法は負けるとベット額が上昇するシステムベットのため、連敗によってベット額が増加した時にマルチプライヤーが付与されればさらに大きな払い戻しを得ることも可能です。

ルーレットよりも勝率は低いですが、マルチプライヤーの存在がよりギャンブル性を高くしているスピン・ア・ウィン。
果たしてどのような結果になるのでしょうか。

――――――――――――――――――――――――――――――
コメントについて
法に触れるもの、あるいは触れそうなもの、誤解を招くもの、確かでない情報はコメント承認いたしません。
また個人を攻撃するような過激なコメントも控えて頂きますよう、よろしくお願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――

タイトルとURLをコピーしました