【ベラジョンカジノ】一撃!!9999万倍の威力!!【roulette】

【時は世紀末、世界は最終戦争の業火に包まれ、世は再び暴力の支配する世の中になっていた。】

みなさんは小さい頃テレビのヒーロー番組で、正義の味方であるヒーローが 悪い怪獣をやっつけるシーンをみたことはないでしょうか。 あるいは、「勧善懲悪」を売りにしている時代劇なんかで悪役の代官が主人公に 「成敗」という名のもとに切り殺されている場面に接したこともあるでしょう。 この「正義の味方」はどこまでいっても「正しい」のであって、 それとは反対に悪役はどこまでも「わるい」とされています。 「正義の味方」の判断は絶対に正しく、ある種その世界の立法者のようです。
たいていの場合、「わるい」とされた側のものには、それを弁明する機会が 与えられていません。たとえば実生活においては一方が訴訟を起こせば、裁判の場で 他方の弁明の機会が与えられます。それがない。これはフェアじゃない。 「公平(公正)」でないということは「正しくない」のではないでしょうか。 そうなると「正義の味方」が「正しくない」ことになります。 自分が一方的に「正しい」と思うことを他人にまで強制し、 それが聞き入れられるとわかるやいなや、暴力に訴えてしまう。 これこそ極悪人だと思いませんか。 つまり「価値基準」のおしつけにほかなりません。
ここまでいくと「正義の味方」が悪の権化のようになってしまいましたが、 要するに視点を変えていくと、「よい」「わるい」や「正しい」「正しくない」の 様々な様相がみえてきたとおもいます。 では、「正義」とはこんなにも曖昧で、根拠があるのかないのかわからないような、 一方的なものなのでしょうか?
NOT私はそうは思いません。 正義、つまり何が正しくて何が正しくないことか、ということは、 わたしたちが生きている限り至るところで関わる問題です。 そして実際にわたしたちはあらゆる場面でこれこれが正しいと判断しています。 もちろん、簡単に答えられるものもあれば、 容易には答えられないものもあります。 しかし、だれもがそれを実際に行っていることを考えれば、 少なくとも何かしらの判断材料はあるはずです。 では、どこで「正しい」「正しくない」の線引きが行われるのでしょうか? こんなことをこれから少し考えてみたいとおもいます。本当の自由とは何でしょうか。
多くの人は、自由のことを「◯◯からの自由」というように、何の束縛もないことであると考えています。
特に労働や人間関係など、自分を嫌な気分にさせる対象から解放されたときに、「自由だ!」と表現することが多いのかもしれません。
現代の日本は、戦後と比べると、とても便利で効率的な社会となり、日本人は一年の中でも100日以上自由な時間を手に入れました。
そして、その時間で趣味やレジャーなど、自分の意志で好きなように過ごすことができます。
しかし、不思議なことに、これだけの自由を手にした日本人であっても、未だ憂鬱な表情を浮かべており、心から人生を楽しめていないように見えます。
それは一体なぜなのでしょうか。
私は、その理由は、人々が自分の好きなことを楽しむことだけが自由だと思っていて、未だほとんどの人が本当の自由を知らないからだと思っています。
そうした背景を踏まえ、この記事では、改めて「自由」についてその本質を見つめ直し、真の自由とは何かということについて考えていきたいと思います。

わが行く道に茨多し されど生命の道は一つ この外に道なし この道を行く 
武者小路実篤 「人生の言葉」

タイトルとURLをコピーしました